銀行印を一本にしぼるメリット

1本の銀行届印で全ての口座を管理すれば、めんどうがなくてすみます。
きちんと管理できるならば、口座ごとに印鑑を変えてもかまわないかもしれません。
その方が、万が一盗難に合った場合には被害が少なくてすむと思われます。
その際、わからなくならないようにと、○○銀行など印鑑に書いたり、シールを貼るのは危険です。
印鑑を盗まれた際に簡単に引出されてしまうからです。

 

印鑑を1本にする場合は耐久性のある素材で作ることが重要です。
銀行印は使用頻度が高いため、乱暴に扱ったりして摩耗したり破損したりしやすいからです。
そして、銀行印が破損してしまった場合、すべての口座の印鑑を登録し直さなくてはならないため、とても面倒なのです。

 

最近では、持ち手の部分に模様やしるしが入っていたり、カラーバリエーションのある金属素材の印鑑なども出まわっていますので、これらを口座ごとに分けて使ってもよいでしょう。

 

ただ、家族で銀行印を共通にするのは、どうでしょうか。
セキュリティー面からも、お金を個々人できちんと管理するという意識の面からも、別の印鑑を使った方がよい気がします。

 

小さいうちから貯金のくせはつけたいものですが、最近ではキャラクター入りの通帳もありますし、印鑑にもかわいいものやクールな見た目のものが出ていますので、金銭教育のきっかけとして、口座開設の際に印鑑を作ってあげるのもいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ