はんこの種類、実印、認印、銀行印の使い分け

はんこは場面によって3つの使い分けがあります。
それが実印、認印、銀行印です。
実印は不動産の取引、法律関係の書類、金銭関係の契約などに使われるもっとも重要なはんこです。
使う機会は限られていますので、普段は持ち歩かずに保管しておく人も多いです。
認印は、普段もっとも使う機会の多いはんこです。
シャチハタが有名で、サイン代わりに使うことも多く、郵便物の受け取りなどで使う人も多いのではないでしょうか?
銀行印は、銀行口座の開設、銀行通帳の作成といった銀行で必要になるはんこです。
これも無くすと大変なので普段持ち歩くことはありません。
銀行印と実印を一緒に使ってしまう人もいますが、実印はなくすと悪用されてしまうこともありますので、銀行印とは分けて使うことが基本です。
実印だけで認印や銀行印の代わりにしてしまう人もたまに見かけますが、危険ですのではんこはしっかりと使い分けるように心がけてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ