銀行印の管理方法

銀行や信用金庫などの金融機関で口座を開設する際、銀行印を押すことになります。
銀行印は、預金を引出す際も必要になるなど、財産に大きく関わってくる印鑑のため、紛失しないよう、注意が必要です。
複数の金融機関に口座を持ち、それぞれの銀行印が異なる場合も、間違えないように管理する必要があります。
銀行印は使用する機会が少ないため、認印と同じものでも問題ないと思われがちですが、認印を使用する機会が多いことを考えると、使い分けた方が安心です。
銀行印と通帳を同時に盗まれてしまうと、預金を引出されてしまうおそれがあるため、別々の場所で管理しておく必要があります。
銀行印の印鑑が不明な場合、金融機関で確認してもらうことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ