実印や銀行印を失くしてしまった!

無くしたのが認印なら大事にはなりにくいですが、たとえば銀行印や実印を紛失してしまった場合、そのままにしておくと一大事に発展する恐れがあるため早急に対応が必要です。
まずは実印ですが、印鑑登録に使われた印鑑ですので一番危険度が高いです。
紛失したと気づいたら、なるべく早いうちに印鑑登録した役所に赴き、紛失してしまったことを届け出て印鑑登録を廃止する手続きをしましょう。
実印を無くした場合、気のせいかも、という具合の段階でも廃止手続きに乗り出しても良いと思います。
そのくらい大事なことですので、覚えておきましょうね。
また銀行印ですが、こちらも紛失や盗難にあった場合、なるべく早く銀行に行き改印手続きと、盗まれてしまった印鑑での取引が行えないようにしてもらわなくてはいけません。
そしてどちらにも言えますが、紛失や盗難を警察に届け出を出しておくことで未然に犯罪を防ぐ事ができるので警察に届け出を出しておくことも忘れずにしておきましょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ