さまざまな印鑑の使い分け

銀行印は銀行などの金融機関で口座を開設や出納するときに必要とする重要なはんこです。
一本のハンコを利用して複数の口座を開設している場合が多いですが、この場合ですとはんこを紛失してしまったときに、すべての口座を改印手続きをしなければならないので大変です。
口座ごとにはんこを使い分けることが一番良い方法となっています。
認印は印鑑登録をしていないはんこのことで、一般的な事務などにおもに使われています。
訂正印は伝票などに記入した文字を訂正するときに使用し、この時は訂正箇所に二本線を引いたところに印鑑を押すようになっています。
用途ごとに印鑑をわけようと思っても、どれがどのはんこなのかわからなくなることもあるでしょう。
しかし今は、印鑑もさまざまな素材から作ることができるようになっています。
素材で変えてみたり、印鑑のカラーを変えてみるなどして、区別させるようにすると良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ