印鑑に使用される書体について

印鑑を作る時、様々な書体が使われています。
ここでは、主だった書体について触れてみたいと思います。

  • 印相体(いんそうたい)…江戸時代に作られた書体で、文字の原型がわかりにくいこともあり実印に使われています(偽造されにくい)。
  • 篆書体(てんしょたい)…中国から伝わってきた旧書体で、非常にバランスの取れている文字であることから紙幣に使われています。
  • 古印体(こいんたい)…印章店の店頭にタワー形式で並んでいて、最も読みやすい(印鑑らしい)印鑑の書体が古印体です。
  • 隷書体(れいしょたい)…中国の旧書体は複雑で書きにくいことから、その書体を簡略化した文字を隷書体といいます(字画を減らす)。

その他にも、楷書体(かいしょたい)・行書体(ぎょうしょたい)などが印鑑に使われています。
どの書体で印鑑を作るかで、イメージが全然変わってきます。
これから印鑑を作ろうと思っている人は書体を少し勉強してから、作ってみてはどうでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ