正しい銀行印のお手入れ方法

銀行印を押した後にそのまま放置…なんてことをしていませんか。
銀行印にはさまざまな素材のものがありますが、半永久的に使えるものはほとんどないと言えます。
しかし少しでも長持ちさせるためにできることがあって、それは印面をきちんとお手入れするということです。
印面には朱肉を付けますが、この朱肉がついたまま乾いてしまいますと固まってしまってなかなか取れなくなります。
無理やり取ろうとしますと印材によっては削れてしまったりすることもあります。
さらに朱肉には油分が含まれていますので、この油分がはんこにしみこんでしまうとはんこそのものがもろくなってしまうのです。
このようにはんこの劣化を少しでも抑えるためには、使ったあとはきちんと朱肉をふき取る必要があります。
拭き取るときもやわらかい布などで拭き取ってください。
この時にブラシなどで軽くこすると溝に入り込んだ朱肉も取ることができるので忘れずに行いましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ